• TOP
  • エコdeみなとく
  • 「親子でLED工作教室エコライティングに挑戦!」を開催しました。

エコ de みなとく

イベントレポート

「親子でLED工作教室エコライティングに挑戦!」を開催しました。

日付:3月18日

私たちの生活をより便利にそして豊かなものにしてくれる照明。一方で照明の光が明るすぎると感じることはないでしょうか。生活に必要なだけの明るさや、少ないエネルギーでも充分に明るいLEDについて、実際にLEDでライティングの工作をしながら、3月の展示「学生照明展2017」に参加した学生のみなさんを講師にむかえて学びました。

近年私たちの身の回りで普及しているLED。講座の始めではなぜLEDが環境に優しいのかを説明していただきました。光を作るための電力消費によりCO2が増えると地球温暖化につながることから、40Wを必要とする蛍光灯より、1Wで同様に光るLEDを使うとエネルギーを節約することができ、その上LEDは少しの光でも充分に明るく、他の種類と比べても長持ちするため、より環境に配慮されたものであるとのことでした。お話の後は隣のスペースで同時に開催されていた「学生照明展2017」で展示されていたLEDを使った学生のみなさんの作品を見学し、実際に必要な明るさなどについて教えてもらいました。

後半はいよいよエコライティング工作に挑戦。ペットボトル、飲料の容器、豆腐や卵のパックなどの中に、各自が光らせたいものを詰めて、LEDライトで照らすと、それぞれユニークなオリジナルの明かりができました。製作後はみんなの作品を並べて展示鑑賞し、実際に作った感想を発表しました。電気を消して暗くなった途端、みんなの作品が色とりどりに輝き、沢山の感嘆の声が聞こえました。エコな明かりとの付き合い方を楽しく学んだ1日となりました。

コメント

コメントを残す

名前
ニックネーム
メールアドレス
コメント

post date*

関連記事