10/27 13:30~17:30 シンポジウム 天草のイルカを通して海を考える

ECOキャンパス

九州の天草には通年で定住するイルカの大群がいます。そして同じ海域では漁業も盛んです。この地で自然に行われてきたイルカと人との共生に光を当てることで、海について考えます。
野生のイルカ「JoJo」と深い交流を行ってきた、アメリカ合衆国・カリフォルニアからのDean Bernal(ディーン・バーナル)さんを交え、天草の海を題材にSDGsという新たな観点からの再評価、持続可能な海づくりにチャレンジする天草イルカラボの取り組みについてディスカッションします。果たしてこのままで、未来の海は元気でいられるのか?東京都の海の玄関口である港区からできるアクションを一緒に考えてみませんか?

【タイムスケジュール】
13:30 ~15:30 第1部:持続可能な海の姿とは?
SDGsの視点から、イルカ(自然)と人の共生について、天草の海の未来への可能性を探ります。
提言ビデオレター
「イルカの海と私たち」   天草素潜り漁の漁師さん
「天草の海はSDGs14のモデルとなるか 」  近藤 哲生氏(UNDP駐日代表)
提言スピーチ
「天草イルカラボとは?」   高崎 ひろみ氏( 天草イルカラボ代表)
「ポールスポング博士とオルカライブについて」   上田 壮一氏(Think the Earth 理事)
「人もイルカも住みやすい海、地域とは」   ディーン・バーナル氏(Marine Wildlife Foundation)

15:30~15:45 休憩

15:45〜17:30 第2部:パネルディスカッション&あなたのメッセージを世界へ届けよう
イルカが私たちに託していること・港区×天草から2019世界への手紙
海の生態系保持に向けて港区のみなさんと天草のみなさんがつながり、ひとつのチカラとして動き出せるキックオフの場にします。
ビデオレターFROM TOKYO
「港区と海でつながる天草のみなさんへ」 榎本茂氏(港区議会議員・NPO法人海塾相談役)
パネルディカッション
榎本氏のお話を受けて、天草、東京、ハワイそれぞれの視点から持続可能な海の未来について話し合います。
パネリスト:ディーン・バーナル氏、高崎ひろみ氏、上田壮一氏
ファシリテーター:野間英樹氏(天草イルカラボ プロジェクトマネージャー)
あなたのメッセージを世界へ届けよう
来年日本で開催されるG20サミット前に「天草イルカサミット」を開催し、天草宣言を採択、世界の要人が集まる軽井沢に届ける予定です。地球環境と海に関心のある、港区民の一人としてあなたのメッセージを届けませんか。

SDGsとは・・・世界が2016年から2030年までに達成すべき17の環境や開発に関する国際目標。Sustainable Development Goalsの略称で、日本では「持続可能な開発目標」と訳される。2015年9月の国連持続可能な開発サミットで世界193か国が合意し、2015年に達成期限を迎えたミレニアム開発目標(MDGs:Millennium Development Goals)の後継として採択された。地球環境や気候変動に配慮しながら、持続可能な暮らしや社会を営むための、世界各国の政府や自治体、非政府組織、非営利団体だけでなく、民間企業や個人などにも共通した目標です。

日時平成30年10月27日(土)13:30~17:30
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも
講師

ディーン・バーナル氏(Marine Wildlife Foundation)
【プロフィール】
“JoJo”と名付けられた野生のイルカと奇跡的な交流をするイルカのスペシャリスト ’Dean and JoJo’ というストーリーを世界中に届け、海洋生物に対する啓蒙を行なっている。海洋保護区を制定したり、鯨類を中心とした研究やその生息地を保護するための財団を設立。テーマは海だけにとどまらず、人、土地、水の関連性についての講演など多方面で活躍している。



上田 壮一氏(Think the Earth 理事)
【プロフィール】
2000年からポール・スポング博士のネイチャーネットワーク構想を実現したウェブサイト「オルカライブ」「ウミガメライブ」を運営。2001年にThink the Earth設立し、コミュニケーションを通じて環境や社会について考え、行動するきっかけづくりを続けている。主な仕事に地球時計wn-1、携帯アプリ「live earth」、プラネタリウム映像「いきものがたり」、書籍『百年の愚行』『未来を変える目標-SDGsアイデアブック』ほか多数。



高崎 ひろみ氏(天草イルカラボ代表)
【プロフィール】
東京都出身。子供の頃にDean Bernal氏の存在を知り、看護師を
続けながら世界のイルカ生息地でイルカとの交流を続ける中で、沿岸部で人と共生す
る天草・通詞島の野生イルカと出会う。自然と人の共生先進モデルをイルカを通じて
実現するべく、東京から移住。2018年7月に「天草イルカラボ」を設立。


定員タイムスケジュールを参考にご自由にいらしてください。
費用無料

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30〜20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ピックアップ記事