イベント詳細 EVENT DITIAL

【講座終了しました】こどものかみすきワークショップ 午後の部(14:00~16:00)

日付:07月16日 時間:14:00~16:00
予約終了

【日時】7月16日(日)14:00~16:00 

【対象】港区在住・在学の中学生以下の方 ※小学生以下は保護者同伴必須です
【費用】無料 
【定員】20名(先着順)
【持ち物】紙に漉きこみたいもの(紙切れ・糸くず・花・葉、等できるだけ平面なもの)
     フェイスタオル2枚(プレス用)
【共催】Washi Studio かみこや 
    
※午前の部と午後の部の講座内容は同じです(両方とものご参加はご遠慮願います)

☆6月21日(水)9:30AM受付開始です。

館内:ワークショップ

持ってきた花や草などを使って自分だけのオリジナルの和紙を漉いてみよう!

 去年エコプラザで収穫した原料と四万十川源流の和紙原料や土を使って草や花を漉きこみ、パルプ・ペインティングの手法で絵を描くように紙を漉きます。
 エコプラザの屋上庭園では、和紙の原料である楮(こうぞ)と三椏(みつまた)を栽培しています。農薬や肥料は使わず育てて、加工の工程も化学薬品は使わない伝統的な製法での紙づくりです。
 もちろん!初めての方でも大丈夫です。

講師:ロギール・アウテンボーガルト

エコプラザの紙漉き講座でお馴染み。土佐和紙の匠の技で優しく教えてくださいます!

オランダ生まれの土佐和紙作家。
1981年より原料栽培からの和紙作りを続ける。2007年土佐の匠に認定。1993年からの小学校での和紙作り指導が評価され、2011年博報賞を受賞。
近年は関東での出前ワークショップや、東京のビルの屋上での和紙の原料栽培に取り組む。「紙漉き体験民宿かみこや」を高知県梼原町にて経営し、土佐和紙の良さをひろく伝えている。