• TOP
  • イベントカレンダー
  • 【講座終了しました】秋分の頃、高層ビル街の谷間に響く羽音「みつばち×蜜源植物」 ~自然界の声に耳を傾けよう!~

イベント詳細 EVENT DITIAL

【講座終了しました】秋分の頃、高層ビル街の谷間に響く羽音「みつばち×蜜源植物」 ~自然界の声に耳を傾けよう!~

日付:09月23日 時間:13:00~16:00
予約終了

9月23日(土・祝) 13:00~16:00
【対象】 港区在住・在勤・在学の方
     (小学生以下は保護者同伴必須)
【定員】 20名(先着順)
【共催】 アースデイ大学
【持ち物】 虫眼鏡、筆記用具、帽子、雨具
※歩きやすい服装でお越しください。

☆9月8日(金)9:30AM受付開始です。

館内:講座

みつばちの専門家、佐々木正己先生と一緒に蜜源植物の観察をしながら、前半はエコプラザから程近い「新橋はつらつ太陽」の屋上にある養蜂場を訪れて見学します。後半はエコプラザに戻って、みつばちが踊るダンスや花粉の秘密など、みつばちの不思議について教えていたただきます。

講師紹介

佐々木正己

玉川大学農学部 名誉教授。ミツバチとの出会いは玉川大学農学部の卒論。大学院では寄主植物特異性と体内時計について学ぶ。母校に戻ってからは、ミツバチの行動や生態、記憶・学習などの研究に従事。途中ワシントン大学では昆虫のホルモン、ノルウェー北極圏ではマルハナバチと花の共生関係などの仕事も。ミツバチ科学研究センター主任、農学部長などを歴任。
著書に「養蜂の科学」「ニホンミツバチ」「蜂からみた花の世界」「動物は何を考えているか」等がある。

講師紹介

高槻暁男

新橋はつらつ太陽施設長。2012 年より新橋はつらつ太陽屋上でミツバチを育て始める。ミツバチとのかかわりを通して「都心で育てる」、「福祉施設で育てる」からこそ得られる「何か」を検証中。施設利用者への支援や地域交流の充実に活用できるとしてミツバチとの関わりを展開。