• レクチャー
  • 大人
  • 循環型
  • 先着

【終了しました】科学的に見るSDGs時代のごみ問題

2022年9月21日(水)実施

私たちの暮らしや経済活動は、大量の資源を消費し、また大量のゴミを生み出しています。これらは資源の枯渇や、自然環境の破壊、汚染などの問題につながっています。資源を節約し、ゴミを減らすために「リサイクル」が推進されていますが、本当にリサイクルはゴミ処理より環境に良いのでしょうか。これらを判断するには、分別段階だけでなく、ゴミの発生から処分まで、天然資源採集などの資源の発生から利用までのライフサイクルを通して考える必要があります。
この講座では、ゴミや資源のライフサイクル全体を知ることで、分別やリサイクルの仕組みや本来の意味を具体的に学びます。また、環境に悪いと思われがちなゴミ処理施設や埋立地の現在の仕組みや環境対策なども解説し、ゴミ処理について正しく理解するとともに、環境問題について科学的に評価する視点を学びます。
SDGs時代のゴミ処理の現状と解決すべき問題について知り、ゴミを減らしていくために私たちができることを考えます。

日時2022年9月21日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場オンライン(Zoom)
対象港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方
講師松藤 敏彦氏(北海道大学名誉教授)
定員50名(先着)
参加費無料

ピックアップ記事