• 受付終了
  • レクチャー
  • フィールドワーク
  • 子ども
  • 大人
  • 自然共生
  • 抽選

5月~9月 18:30~20:00/11:00~12:00 【全9回】都会のミツバチ飼育講座

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

都会でもミツバチは飼育できます。都会のミツバチ飼育から「人、まち、自然」の関係を考えます。ミツバチが生息できる自然が都会にあることに気づき、人の暮らしとミツバチの関係から、都会の多様な環境を学びます。座学はエコプラザ、実習は芝Bee Bee’sプロジェクトに参加する形で実施します。座学5回、実習4回の全9回の講座です。

芝Bee Bee’sプロジェクトとは…芝地区内でのミツバチの飼育や、そこで採れたハチミツの活用を通して、地域の人々の交流を図るため、芝地区総合支所独自に実施する養蜂事業です。

日時2021年5月~9月全9回(座学5回、実習4回)

【日程】
第1回 5月13日(木)座学:ミツバチとは
第2回 5月23日(日)実習
第3回 6月10日(木)座学:どうやって飼育するのか
第4回 6月20日(日)実習
第5回 7月 8日(木)座学:ハチミツはどうやって採るのか
第6回 7月18日(日)実習
第7回 8月12日(木)座学:都市でのミツバチ飼育とは
第8回 8月22日(日)実習
第9回 9月 9日(木)座学:振り返り

【時間】
座学各回18:30~20:00(受付は18:15~)
実習各回11:00~12:00(受付は10:45~)
会場座学:港区立エコプラザ
実習:三田いきいきプラザ(現地集合・解散)
対象港区在住・在勤・在学の小学4年生以上の方(小学生以下は保護者同伴)
講師岡田 信行氏(株式会社オルト都市環境研究所 代表)
定員10名(抽選)
参加費3,000円(全9回分)
持ち物筆記用具、実習は動きやすい服装(スカート、サンダル不可)
申込み方法4月15日(木)説明会終了後から4月29日(木)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は5月2日(日)までにお知らせいたします。

【当日の様子】
第1回 2021年5月13日(木)実施
都会でミツバチの飼育をする意味と、ミツバチの生態について説明がありました。ミツバチを飼うことで、地域の花を蜜源として蜂蜜が採れ、その採れた蜂蜜を地域の人が活用します。また、継続して蜂蜜を採るために花や緑を増やし、飼育活動を続けます。このようにミツバチがいることで、持続可能な環境作りの取組が地域で続くことになります。都会で見ることのできるミツバチの種類や、蜂蜜を採るセイヨウミツバチのことを学習しました。ミツバチを飼い、蜂蜜を採るためには女王蜂、働き蜂、雄蜂の生態を理解して、ミツバチが住みよい巣箱環境を作ることが重要です。何万匹も暮らすミツバチの巣を企業に例えての解説では、人間の営みにも共通する集団の社会性を持った昆虫であることを学びました。

【当日の様子】
第2回 2021年5月23日(日)実施
芝Bee Bee’sの活動に参加した最初の実習でした。ミツバチが飼育されている屋上で、防護服、手袋を着用して養蜂箱の近くに行きました。講師が養蜂箱からミツバチが群れている巣枠を取り出しました。それぞれの特徴を聞き、密集しているミツバチの中から、女王蜂、働き蜂、雄蜂を探しました。養蜂箱のまわりを多くのミツバチが飛び回り、羽音が聞こえるほど近くに寄ってきますが、巣枠を手に持ち近距離で観察してもおとなしくしているので、温厚な習性であることがわかりました。ミツバチが巣で活動する姿を直接観察できたことは、ミツバチについて学ぶとても良い体験となりました。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)


※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事