• 受付中
  • レクチャー
  • どなたでも
  • 脱炭素
  • 先着

10/16(土) 10:30~12:00 オーガニックコットンから考える、サステナブルな暮らし

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

服や寝具を買うときに「オーガニックコットン」を見かけたことはありませんか?コットン(綿花)は、成長過程で二酸化炭素を吸収し、酸素を排出するため、ポリエステルなど石油から作られる合成繊維に比べて環境負荷が少ないと言われています。しかしコットンの栽培は世界でもっとも農薬が使われていると言われており、生産地の土壌や地下水の汚染が問題となっています。また農薬による働く人々の健康被害やそれに伴う労働力不足が、児童労働や貧困の連鎖の原因にもなっています。オーガニックコットンは、化学肥料や農薬に頼らずに栽培されたコットンです。この講座では、世界の綿花栽培の現状を知り、オーガニックコットンによる持続可能な社会への取組について学びます。また、和綿と呼ばれる日本のコットンについてもお話します。環境と健康に配慮した製品の生産と消費について、講義とグループディスカッションを交えて学びます。

日時2021年10月16日(土)10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも(小学生は保護者同伴)
講師河内 桂太氏(NPO法人日本オーガニックコットン流通機構 理事)
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法9月11日(土)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事