• 受付中
  • レクチャー
  • 大人
  • SDGs
  • 抽選
  • 先着

12/5(日) 14:00~15:00 持続可能なファッションを考えるvol.3~自分らしいSDGs 篠原ともえのクリエイションを通じて~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

※ハイブリット形式(会場とオンライン)で実施します。
※オンラインはZoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

最近さまざまな場面で「SDGs」という言葉を目や耳にします。今やグローバルスタンダードとなっているこの取組を、今回の講師である篠原ともえさんが、ファッションを軸とした自身のクリエイションを紹介しながら、創作におけるSDGsへの向き合い方についてお話しします。それは何も壮大でむずかしいものではなく、先人の知恵から学ぶことや、少しの配慮、視点の転換によって導き出すことができます。そうしたアイデアをふんだんに盛り込んだ近年の制作における姿勢や新作などもご紹介します。一人ひとりが無理なく掲げられる「自分らしいSDGs」を篠原さんと一緒に考え、日々の暮らしに取り入れてみませんか。

日時2021年12月5日(日)14:00~15:00(受付は13:45~)
会場港区立エコプラザ、オンライン(Zoomミーティング)
対象会場:港区在住・在勤・在学の中学生以上の方
オンライン:港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方
講師篠原 ともえ氏(デザイナー/アーティスト)

【プロフィール】
1995年歌手デビュー。文化女子大学(現・文化学園)短期大学部服装学科デザイン専攻卒。映画、ドラマ、舞台など歌手・女優活動を経て、現在はイラストレーター、テキスタイルデザイナーなどさまざまな企業ブランドとコラボレーションするほか、衣装デザイナーとしてもアーティストのステージ・ジャケット衣装を多数手がける。2020年、アートディレクター・池澤樹と共にクリエイティブスタジオ「STUDEO」を設立。同年7月に開催した展覧会「SHIKAKU -シカクい生地と絵から生まれた服たち-」では、サステナビリティと向き合い廃棄となる余剰の生地を余すことなく使い切る衣装作品などを展観した。
~講師からの声~
サステナビリティってなんだろう?私も最初はむずかしく考えていましたが、できることから始めてみることが大切なんだと気づき、自身のクリエイションに取り入れるようになりました。SDGsについては私もみなさんと一緒。まだまだ学ぶところが多いですが、そんな私の創作や作品を通じて、ともに考えながら「自分らしいSDGs」を見つけてみませんか。
定員会場:15名(抽選)
オンライン:100名(先着)
参加費無料
持ち物会場:筆記用具
申込み方法【会場(抽選)】申込受付は終了しました。
10月24日(日)10:00から11月21日(日)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、会場へのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月24日(水)までにお知らせいたします。


【オンライン(先着)】
10月24日(日)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加にあたって>
Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザTEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事