• 受付中
  • レクチャー
  • 大人
  • ごみ・資源循環
  • 先着

【オンライン】2/28(水) 18:30~20:00 養豚農家と考えるアニマルウェルフェア~命をいただくとは~

※本講座はオンラインで実施します
※オンラインはZoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

動物福祉、アニマルウェルフェアという言葉を知っていますか?畜産の現場において、生産性や効率性が重視された結果、鳥や豚、牛などの動物を過密な状況で飼育し、身動きが取れないなどの非常にストレスフルな環境にあるケースが多いと言われています。そのような状況を改善し、動物の快適性に配慮した飼育を目指すのがアニマルウェルフェアです。しかし、日本では、アニマルウェルフェアを推進する法整備も海外に比べ遅れており、国内での認知度も低い状態が続いています。この講座では、畜産現場で実際に動物の飼育を行う農場職員が、アニマルウェルフェアについて解説します。現代の畜産の現状や問題についても説明します。講師の働く農場では、1960年代の飼育様式を継続し、衛生的で十分なスペースのある空間での飼育、動物の自然な発育に合わせた種付けや飼育期間の確保などを大切にし養豚業を営んでいます。昔ながらの畜産を事例に、動物福祉やこれから目指すべき畜産動物と人との関わり方について考えます。

日時2024年2月28日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場オンライン(Zoom)
※お申込みいただいた方限定で講座後2週間アーカイブ配信いたします。
対象港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方(区外の方も参加できます)
講師茨木 泰貴氏(暮らしの実験室やさと農場 運営スタッフ・畜産担当)

【プロフィール】
1981年兵庫県生まれ。大学では環境経済学を専攻。環境問題への関心から有機農業の現場へ。以来17年間、暮らしの実験室やさと農場のスタッフとして、畑や田んぼ、鶏、豚、企画、運営などを行う。2021年は、育てた野菜でヘチマたわし、醤油、納豆を作れるようになった。また、ポッドキャストにて「暮らしの実験室ラジオ局」を開設、農的な暮らしの魅力を発信している。共編著に『場の力、人の力、農の力。たまごの会から暮らしの実験室へ』(2015,コモンズ)石岡市協働のまちづくり推進委員会メンバー。
定員30名(先着)
参加費無料
申込み方法 1月24日(水)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加にあたって>
Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事