• ワークショップ
  • 子ども
  • 脱炭素
  • 抽選

【終了しました】 木からできた布でランチョンマット

2024年2月4日(日)実施

国産材(多摩産材)からできた布のランチョンマットをデコレーションし、オリジナルのランチョンマットを完成させます。また、「きのかみ」を折って箸置きを作り、木の食卓セットを作ります。木の素材を使うことを通して、森林のはたらきや、日本の森林が放置されている現状、そして間伐の必要性について学びます。

※ランチョンマットの布は、「木糸(もくいと)」を使用しています。これは、森林の整備で出てくる間伐材(スギ・ヒノキ)を使用して、和紙をすいて作られた糸です。「きのかみ」は、木を薄くスライスし紙と貼り合わせる特殊な技術により、 本物の木でありながら、折ったり切ったりすることのできる紙です。これらの材料の木は国産材です。

日時2024年2月4日(日)10:30~11:45(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の4歳~小学生(小学3年生以下は保護者同伴)
講師山口 祐貴子氏(株式会社こもれ陽 取締役)
定員12名(抽選)
参加費1,000円
持ち物筆記用具、汚れてもよい服(エプロンなど)


ピックアップ記事