• ワークショップ
  • 親子
  • ごみ・資源循環
  • 抽選

【終了しました】子どものカサ作りワークショップ

2024年6月1日(土)実施

台風の後などに、壊れたカサが道端に捨てられている光景を目にしたことはありませんか。日本では大量のカサが破棄され、リサイクルできずに埋め立て処理されています。カサの使い捨ての現状や、生産過程で発生する二酸化炭素排出量と地球温暖化の関係をお話しします。また、カサの部品の素材についても学びます。
ワークショップでは全てプラスチックでできている、リサイクルや修理が可能で長く使い続けられるオリジナルのカサを作ります。カサの生地はジップロック®をリサイクルしたものを使用します。身近なものから生まれ変わったプラスチックを使うことを通じて、リサイクルの重要性や、物を大切にすることについて考えましょう。

※ジップロック®は旭化成ホームプロダクツ株式会社の登録商標です。

日時2024年6月1日(土)13:30~15:00(受付は13:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の4歳~小学3年生とその保護者
講師西山 雄馬氏(株式会社サエラ ワークショップインストラクター)
定員10組(抽選)
参加費1,500円
持ち物筆記用具、普段ご使用されているカサ1本(お持ちでない方には貸し出しします。)

ピックアップ記事