【終了しました】メダカのボトルアクアリウム作り

過去のイベント

2019年8月21日(水)実施
メダカを観察し、魚の体の仕組みを学び、ボトルアクアリウムを作ります。生きものの生活の様子や、生態系の大切さについて考えましょう。ボトルアクアリウム作りで、動物、植物、微生物による生態系の世界を再現し、自分だけのオリジナルアクアリウムを完成させます。野生メダカの現状についてもお伝えします。

※ボトルアクアリウムとは…ガラス瓶などの容器で、ヒーターやろ過装置などを用いずに、魚や水草を飼育すること。

日時2019年8月21日(水)
①10:30~12:00 ②14:00~15:30
(受付は各回15分前~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の小学生
講師蝦名 元氏(進化生物学研究所研究員)
定員各回20名(先着)
参加費400円

【当日の様子】
食物連鎖の話では、人間もその連鎖の一部であることや、人間の生活は、食べ物を始め、木材や服、医薬品など衣食住に関わる多くのものに、さまざまな動植物を必要としていることを学びました。
ヒメダカのオスとメスのヒレの違いを観察した後、参加者一人ひとりがボトルアクアリウムを完成させました。 ボトルアクアリウム作りは、空きビンの中に、動物・植物・微生物による生態系の世界を再現することです。
野生のメダカは絶滅の危険性があり、原因として、川底をコンクリートに改修して流れが速くなり、住みにくい環境になったこと、ペットで飼いきれなくなった熱帯魚などの放流により、エサや住みかを奪われたことが挙げられました。
ボトルアクアリウム作りを通して、生態系の大切さや、野生のメダカを守るために、私たちが気をつけるべきことを考える機会になりました。

ピックアップ記事