• 受付前
  • レクチャー
  • ワークショップ
  • 子ども
  • 大人
  • どなたでも
  • 循環型
  • SDGs
  • 抽選
  • 先着

12/5(土)、6(日) 全日本鹿協会2020年度冬のイベント~鹿皮・鹿革に親しむ~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

鹿による被害は農林業にとどまらず、都市においても顕著になりつつあります。その一方、毎年50万頭以上の鹿が駆除され、そのほとんどが捨てられています。昔から資源(肉、皮、角、骨)として利用されていた歴史を見直し、無為に捨てられている鹿を有効活用する活動を通して、人と鹿との共存を目指します。そこに住む動物や人の暮らしの共生の歴史から、日本の自然環境の未来を考えます。2日間にわたり、シンポジウムとワークショップを行います。  

【プログラム】
12月5日(土)
11:00~12:00 ワークショップ①「鹿角のキーホルダーづくり」
13:00~15:00 ワークショップ②「鹿ハラコ革のブレスレットづくり」
16:00~18:00 ワークショップ③「鹿革のコインケースづくり」
12月6日(日)
10:00~12:00 ワークショップ④「蹴鞠ストラップづくり」
13:00~16:00 【オンライン】シンポジウム「人と鹿の共生~蹴鞠、流鏑馬から見る日本人と鹿の関係~」
※6日(日)は同会場で10:00~17:00に「鹿皮・鹿革に親しむ展示」を行います。

※申込みは各講座ごとにお願いします。
※各講座ごとに申込み内容が異なりますので、各詳細をご参照ください。


ワークショップ① 12月5日(土)11:00~12:00「鹿角のキーホルダーづくり」

角を持つのはオス鹿だけで、春に抜け落ち、毎年生え変わります。 鹿角は昔から矢尻、釣針、刀掛け、櫛などに加工され生活品として使われていました。 ワークショップでは鹿の角を使って、キーホルダーを作ります。 資源として利用されてきた鹿角について学び、鹿の住む山や森の環境について考えます。

日時2020年12月5日(土)11:00~12:00(受付は10:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の小学生以上の方(小学3年生以下は保護者同伴)
講師井戸直樹氏(森のたね 代表)
遠藤和帆(染織工房豆 主宰)
定員10名(抽選)
参加費800円
共催全日本鹿協会
持ち物筆記用具
申込み方法10月24日(土)10:00から11月21日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月24日(火)までにお知らせいたします。

ワークショップ② 12月5日(土)13:00~15:00「鹿ハラコ革のブレスレットづくり」

駆除された鹿のほとんどは利用されることなく山に捨てられます。駆除されたメス鹿からとれるハラコ(胎児)の革を使ってブレスレットを作ります。革を利用することで自然と鹿と人間の関係を学びます。  

日時2020年12月5日(土) 13:00~15:00(受付は12:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の小学生以上の方(小学3年生以下は保護者同伴)
講師井戸直樹氏(森のたね 代表)
遠藤和帆(染織工房豆 主宰)
定員10名(抽選)
参加費2,000円
共催全日本鹿協会
持ち物筆記用具
申込み方法10月24日(土)10:00から11月21日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月24日(火)までにお知らせいたします。

ワークショップ③ 12月5日(土)16:00~18:00「鹿革のコインケースづくり」

害獣として駆除されている鹿は森の資源として有効利用できる動物です。日本人は特に皮を活用してきました。動物の皮を使うためには、手間のかかる「なめし」をすることで、革となり製品加工の材料になります。ワークショップでは鹿革でコインケースを作ります。鹿の利用を考え、どのように健全な森の環境を作っていくのかを学びます。

日時2020年12月5日(土) 16:00~18:00(受付は15:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方
講師井戸直樹氏(森のたね 代表)
遠藤和帆(染織工房豆 主宰)
定員10名(抽選)
参加費1,500円
共催全日本鹿協会
持ち物筆記用具
申込み方法10月24日(土)10:00から11月21日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月24日(火)までにお知らせいたします。

ワークショップ④ 12月6日(日)10:00~12:00「蹴鞠ストラップづくり」

今日、害獣とみなされる鹿が、古来、日本では食用としてだけでなく、蹴鞠や、馬具などの道具として活用されていました。ワークショップでは、蹴鞠のストラップを作ります。日本人と鹿革の繋がりについて知り、鹿革を身近に感じることで、鹿と関係する社会・自然環境について考えます。 

日時2020年12月6日(日) 10:00~12:00(受付は9:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方(小学3年生以下は保護者同伴)
講師池田游達氏他(けまり鞠遊会代表)
定員10名(抽選)
参加費1,000円
共催全日本鹿協会
持ち物筆記用具
申込み方法10月25日(日)10:00から11月22日(日)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月25日(水)までにお知らせいたします。

【オンライン】シンポジウム 12月6日(日)13:00~16:00「人と鹿の共生~蹴鞠・流鏑馬から見る日本人と鹿の関係~」

※ハイブリット形式(会場とオンライン)で実施します。
※オンラインはZoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

全日本鹿協会は、無為に捨てられている鹿を有効活用する活動を通して、人と鹿との共存を目指しています。鹿肉は猪肉とともに古代人の常食でした。また、平安貴族のたしなみであった蹴鞠として、鎌倉以降の神事である流鏑馬の馬具として鹿革が使われてきました。鹿革を身近に感じる2日間の総括を行い、これからの日本人と鹿の共存・自然環境について考えます。

日時2020年12月6日(日) 13:00~16:00(受付は12:45~)
会場港区立エコプラザ
対象どなたでも
講師池田游達氏(けまり鞠遊会代表)
【プロフィール】
25歳で蹴鞠の世界へ、59歳で京都市伝統行事・芸能功労者表彰。 2018(平成30)年6月けまり鞠遊会創立(同代表)、現在に至る。

池田蒼圭氏(けまり鞠遊会)
【プロフィール】
44歳で蹴鞠の世界へ、游達とともにけまり鞠遊会創立(同副代表・事務局)、現在に至る。

阿部久人氏(公益社団法人 大日本弓馬会)
【プロフィール】
5歳から洋式馬術を始め、神社に奉職した20歳の時に流鏑馬と出会う。洋式馬術とのあまりの違いに躊躇していたが、30歳で武田流に入門し、現在に至る。
定員100名(先着)
※会場20名、オンライン80名
参加費無料
共催全日本鹿協会
持ち物筆記用具
申込み方法11月1日(日)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、キャンセル待ちとして受付した旨や、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加にあたって>
Zoomにニックネームでご入室の場合は「アンケート」欄に「ニックネーム」をご入力ください。Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザTEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください

ピックアップ記事