• 受付前
  • レクチャー
  • 大人
  • SDGs
  • 先着

1/23(土) 14:00~15:30 ファッション業界における環境保全vol.4~大量廃棄と消費について考える~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

ファッションと環境保全の関係について考える全4回の講座です。ファッション業界では、新品のまま大量の洋服が廃棄されており、その数は、日本だけでも年間10億枚以上と言われています。第4回目は、『大量廃棄社会』著者の二人を講師に迎え、洋服の大量生産と大量廃棄に至る構造を学びます。また、日本のアパレル産地における技能実習生の劣悪な労働環境についてもお伝えします。更に、近年ファッション業界が推進しているリサイクルや、リサイクル素材で生産することが根本的な解決になるのかどうか、これからのファッション業界の取組について解説します。このような現状を知り、消費者としてできることは何かを考えます。

日時2021年1月23日(土)14:00~15:30(受付は13:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方を中心にどなたでも
講師仲村 和代氏(朝日新聞 マーケティング部員)


【プロフィール】
2002年、朝日新聞社入社。大分、長崎、福岡などを経て東京社会部。子育て、労働、メディアなど幅広い取材に関わる。SDGs関連の企画に参加し、その取材を元に2019年、共著『大量廃棄社会』(光文社新書)を出版。著書にコールセンターでの労働問題を扱った『ルポコールセンター』(朝日新聞出版)など。現在はマーケティング部所属。

藤田 さつき氏(朝日新聞 オピニオン編集部記者)


【プロフィール】
2000年、朝日新聞社入社。大阪社会部、文化くらし報道を経て現職。家族や多様性、消費などについて取材。取材班の出版物に『平成家族』(朝日新聞出版)など。
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法 12月19日(土)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、キャンセル待ちとして受付した旨や、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザTEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ピックアップ記事