• 受付終了
  • フィールドワーク
  • 子ども
  • 自然共生
  • 抽選

5月~11月 10:30~12:00 【全6回】こどもビオトープ研究室

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

ビオトープには、都会の生き物や自然環境など、子どもが学べる材料がたくさんあります。生き物の観察方法や、生き物が過ごしやすい環境づくりを実践的に体験します。ビオトープをフィールドに、各自が興味を持ったことを環境学習のテーマとして探求します。初夏~冬まで全6回の連続講座です。
また、港区が開催する「小・中学生の環境に関する自主研究」の応募を目指す方にお勧めの講座です。

日時(予定)2022年5月~11月の全6回(8月は除く)

【日程】
第1回 5月22日(日)ビオトープと生き物について
第2回 6月26日(日)初夏のビオトープ観察
第3回 7月24日(日)トンボの標本作り
第4回 9月25日(日)秋のビオトープ観察
第5回 10月23日(日)来年に向けての管理作業
第6回 11月27日(日)ビオトープ整備・学習発表

【時間】
各回10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の小学3~6年生
講師山本 達也氏(ビオトープ管理士/農家)
定員10名(抽選)
参加費2,000円(全6回分)
持ち物詳細は各回の参加案内にてお知らせします。
※スカート、サンダルは不可。

【当日の様子】
第1回 2022年5月22日(日)実施
ビオトープとは生き物が暮らしている場所のことであり、この講座はエコプラザのビオトープで生き物を観察し、生態や特徴を知り、ビオトープの環境を維持するための手入れをすることで学びの発見をします。実習ではビオトープの観察と手入れ作業をしました。アゲハの幼虫が育つ木やヤゴ、メダカがいる池では実際に生息していることを確認しました。また、生き物を観察するスペースを作るために、増えすぎた下草取りをしました。都会でも土と水と植物がある環境では小さな生き物が生息し、命の循環が生まれることを学びました。

【当日の様子】
第2回 2022年6月26日(日)実施
初夏のビオトープは草木が茂り緑が豊かな場所です。ビオトープの観察では巣立ちの練習をしてる小鳥が草の中にいました。まだ飛ぶことができないようでしたが、野生なのでそのままにしておくようにと講師から説明がありました。親鳥が飛び立つまでどこかで見ているようです。また、ビオトープの池でヤゴの採取の方法を教わりました。採取したヤゴは51匹いました。虫メガネと顕微鏡で観察の実習をしました。ヤゴの種類を見分けるために体の特徴と観察のポイントを学び、見分けることができるようになりました。エコプラザに生息しているヤゴはシオカラトンボの仲間が多いことがわかりました。

【当日の様子】
第3回 2022年7月24日(日)実施
講師が採ってきたシオカラトンボの標本作りをしました。標本用に配られたトンボは捕獲後、すぐに三角に折った紙に挟み、紙の中で糞をすることで、きれいな状態の死がいとなります。お腹が空になった状態で乾燥することで、腐らずに良い状態の標本になります。標本箱の中に横向きに置き、頭の角度と羽の位置を決めてピンで押さえ、体と羽の模様、顔がよく見えるように固定しました。標本には必ず採集した日付、場所などを記入します。標本は保存することで、地域の環境の貴重なデータとなることを学びました。完成した標本を見比べることで、雌雄の区別や大きさ色などの特徴と個体差をよく観察できることを体験しました。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事