• 受付中
  • レクチャー
  • どなたでも
  • 自然共生
  • 先着

9/2(金) 18:30~20:00 伝統芸能と自然の関わりvol.4~各地に根付く郷土芸能 東北の鹿踊(ししおどり)を例に~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

日本各地にはいろいろな形の郷土芸能が受け継がれています。いずれも自然や風土と深くつながっており、踊りや色・形の中にそれが見え隠れしています。この講座では、それぞれの土地に根付く郷土芸能の地域ごとの特徴や、自然由来の芸能の道具素材に触れ、人間が自然にどのような芸能を捧げてきたのか、なぜ芸能が生まれたのかを考えます。
実は東京にもたくさんある郷土芸能や、岩手県の「鹿踊(ししおどり)」について、鹿踊の踊り手の方から解説を聞き、そこに込められた意味と、人々の自然を畏れ敬う気持ちを学びます。自然と人との関わりの昔、今、これからを考えます。

日時
2022年9月2日(金)18:30~20:00(受付は18:15~) 
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも(小学生以下は保護者同伴)
講師田村 民子氏(伝統芸能の道具ラボ主宰/ライター)

【プロフィール】
1969年、広島市生まれ。「伝統芸能の道具ラボ」主宰。「芸能道具ミライ研究室」共同代表。
伝統芸能の道具に関連した執筆、調査、復元、研究を行う。2009年より能楽、歌舞伎などの「伝統芸能の道具」に携わる裏方や職人を支援する草の根活動「伝統芸能の道具ラボ」をはじめる。東京新聞に「お道具箱 万華鏡」を連載中(毎月第二金曜)。

小岩 秀太郎氏(公益社団法人 全日本郷土芸能協会常務理事/東京鹿踊 代表)

【プロフィール】
1977年岩手県一関市舞川出身。
郷土芸能「鹿踊(ししおどり)」伝承者。(公社)全日本郷土芸能協会(東京都)に入職し、全国の芸能の魅力発信、災害復興支援、コーディネートに携わる。東日本大震災を契機に、出身者・首都圏在住者が芸能でつながる「東京鹿踊」プロジェクト、ならびに東北仙台にて「縦糸横糸合同会社」を立ち上げる。地域に伝わる“縦糸”の文化を選り出し、他分野多視点の“横糸”が交差する場のコーディネートと、次世代への伝達方法を検討・実践する企画提案を国内外で行っている。東北と東京の二拠点で活動中。
定員30名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法7月29日(金)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事