• 受付中
  • レクチャー
  • ワークショップ
  • 子ども
  • 大人
  • 自然共生
  • 抽選
  • 先着

9/3(土)、4(日) 縄文時代の森と鹿

講座の対象年齢に誤りがありましたため、ワークショップ③「鹿角でストラップづくり」、ワークショップ④「鹿骨でペーパーナイフづくり」の対象を変更させていただきました。

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

全国の森と鹿の関係を考えるシンポジウム、ワークショップ、展示を2日にわたって実施します。

[プログラム]
9月3日(土)
13:30~15:00 ワークショップ①「枝でえんぴつづくり」
16:00~18:00 ワークショップ②「鹿革でコインケースづくり」
9月4日(日)
10:30~13:00 シンポジウム「縄文時代の森と鹿」
13:30~15:00 ワークショップ③「鹿角でストラップづくり」
16:00~17:30 ワークショップ④「鹿骨でペーパーナイフづくり」

※同会場で全日本鹿協会、富士山環境展、認定特定非営利活動法人富士山クラブによる展示を行います。
※申込みは各講座ごとにお願いします。また、申込み内容が異なりますので、各詳細をご参照ください。


ワークショップ① 9月3日(土)13:30~15:00「枝でえんぴつづくり」

現在の富士山の森について話を聞き、森の荒廃が進む問題について考えます。本講座では、富士山の森の枝を使って鉛筆を作ります。森の資源を利用した物作りを体験するこどで、自然環境について深く考えます。

※講座では小刀(カッターナイフ)を使用します。

日時2022年9月3日(土)13:30~15:00(受付は13:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の4歳~小学生(小学2年生以下は保護者同伴)
講師井戸 直樹氏(森のたね 代表)
共催全日本鹿協会
定員10名(抽選)
参加費1,000円
持ち物筆記用具、動きやすい服装
申込み方法7月23日(土)10:00 から8月20日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は8月23日(火)までにお知らせいたします。

ワークショップ② 9月3日(土)16:00~18:00「鹿革でコインケースづくり」

鹿は害獣として駆除されていますが、森の資源として有効利用できる動物です。日本人は昔から鹿の皮を活用してきました。動物の皮を使うためには、手間のかかる「なめし」が必要です。その作業により革となり製品加工の材料になります。本講座では鹿革でコインケース作りを体験し、健全な森の環境作りと資源としての鹿の利用を考えます。

※講座では針、金づちを使用します。

日時2022年9月3日(土)16:00~18:00(受付は15:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方
講師遠藤 和帆氏(染織工房豆 主宰)
共催全日本鹿協会
定員10名(抽選)
参加費1,500円
持ち物筆記用具、動きやすい服装
申込み方法7月23日(土)10:00 から8月20日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は8月23日(火)までにお知らせいたします。

シンポジウム 9月4日(日)10:30~13:00「縄文時代の森と鹿」

縄文時代の人々は、イノシシやカノシシ(鹿肉)を常食としていたそうです。肉だけではなく、皮や骨、角なども残らず活用していました。森の恵みと自然の脅威を身近に感じ、自然と共に暮らした縄文人に思いをはせ、今の暮らしへの活かし方を考えます。

[シンポジウム内容]
挨拶・趣旨説明 小林信一氏
講演1「縄文時代の森と鹿」小笠原永隆氏
講演2「発掘成果からみた縄文人の鹿資源利用」西野雅人氏
講演3「大鹿窪遺跡における縄文のムラの復元」深澤哲治氏
総合討論「縄文の知恵を現代に活かす」
 事例報告「森づくりと鹿の獣害の事例報告」深澤寛貴氏
 質疑応答(全登壇者参加)
閉会挨拶

オンライン受講の方へ:Zoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

日時2022年9月4日(日)10:30~13:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ、オンライン(Zoom)
対象港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方
講師小笠原 永隆氏(帝京大学経済学部 教授)
西野 雅人氏(千葉市埋蔵文化財調査センター 所長)
深澤 哲治氏(富士宮市教育委員会教育部 参事兼文化課長)
深澤 寛貴氏(NPO法人富士山クラブ 静岡事務所長)
小林 信一氏(全日本鹿協会 副会長兼事務局長)
共催全日本鹿協会
定員会場:10名(先着)
オンライン:100名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法7月31日(日)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加の方>
Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

ワークショップ③ 9月4日(日)13:30~15:00「鹿角でストラップづくり」

鹿角はオス鹿だけが持つもので、春に抜け落ち、毎年生え変わります。その角は昔から矢尻、釣針、刀掛け、櫛などに加工され生活品として使われてきました。本講座では、鹿角を使って、ストラップを作ります。資源として利用されてきた鹿角について学び、鹿の住む山や森の環境について考えます。

日時2022年9月4日(日)13:30~15:00(受付は13:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方
港区在住・在勤・在学の4歳以上の方(小学2年生以下は保護者同伴)
講師井戸 直樹氏(森のたね 代表)
共催全日本鹿協会
定員10名(抽選)
参加費1,000円
持ち物筆記用具、動きやすい服装
申込み方法7月24日(日)10:00 から8月21日(日)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は8月24日(水)までにお知らせいたします。

ワークショップ④ 9月4日(日)16:00~17:30「鹿骨でペーパーナイフづくり」

富士山に生息する鹿の骨のペーパーナイフ作りの体験を通して、鹿の住む森の環境を学びます。豊かな森を維持するには生態圏のバランスが重要です。人が森の環境維持にどのように関わることが必要か、森の恵みである鹿の骨を利用し加工することで考えます。

日時2022年9月4日(日)16:00~17:30(受付は15:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の4歳~小学生(小学2年生以下は保護者同伴)
港区在住・在勤・在学の4歳以上の方(小学2年生以下は保護者同伴)
講師井戸 直樹氏(森のたね 代表)
共催全日本鹿協会
定員10名(抽選)
参加費1,500円
持ち物筆記用具、動きやすい服装
申込み方法7月24日(日)10:00 から8月21日(日)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は8月24日(水)までにお知らせいたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事