• 受付終了
  • レクチャー
  • ワークショップ
  • 子ども
  • 水と緑のうるおい
  • 抽選

5月~11月 10:30~12:00 【全7回】こども自然教室

エコプラザと区内の屋上菜園を使って野菜を栽培します。またビオトープでは昆虫と植物の生態を観察して都会の環境を学び、身近な自然について興味と知識を広げます。子どもが植物、生きものを観察し、自然と触れ合う体験の中から、環境について考える力を養います。

日時(予定)2024年5月~11月

【日程】
第1回 5月12日(日) 夏野菜植え付け
第2回 6月2日(日)サツマイモ・落花生植え付け
第3回 7月14日(日) 夏野菜の収穫と秋野菜の種まき
第4回 8月18日(日) 夏の菜園の手入れ
第5回 9月8日(日) 冬野菜の種まき
第6回 10月27日(日) 秋の野菜収穫祭
第7回 11月17日(日) 冬野菜の収穫と学習発表
※第2回、6回は三田の戸板女子短期大学の屋上菜園、それ以外は港区立エコプラザで実施を予定しています。

【時間】
各回10:30~12:00(受付は10:15~)
会場第1回、3回、4回、5回、7回 港区立エコプラザ
第2回、6回 戸板女子短期大学
対象港区在住・在学の小学1~3年生(小学2年生以下は保護者同伴)
※4月以降の学年とします。
講師石井 真一朗氏(菜園アドバイザー)
定員10名(抽選)
参加費2,000円(全7回分)
持ち物長袖、帽子、軍手、畑で使う履き替え用の靴、タオル、飲み水
※スカート、サンダルは不可。

【当日の様子】
第1回 2024年5月12日(日)実施
エコプラザの屋上菜園に植えつける野菜の説明がありました。これからは夏野菜を植えるシーズンで、この講座では夏から秋に収穫できる野菜を栽培します。
ミニトマトはバジルをそばに植えることで、バジルのにおいを虫が嫌い、トマトに虫が付きにくくなります。このように植物の特性を利用することで、農薬などを減らして野菜を栽培することができるそうです。
屋上菜園での作業では、スコップで土をならして野菜を植える場所を作りました。講師から植え方を教わり、サトイモ、ショウガ、バジル、ミニトマトの植えつけをしました。
室内に戻りカブト虫の幼虫のオス、メスの見分け方の説明を受けました。自分で選んだカブト虫の幼虫を持ち帰り、自宅で飼育して成長を観察します。

【当日の様子】
第2回 2024年6月2日(日)実施
戸板女子短期大学の屋上菜園での活動でした。植えつけるサツマイモと落花生の説明がありました。サツマイモの可食部は土の中の根が大きくなった部分です。植え方を変えるとイモの大きさや数なども変わるそうです。落花生は咲いた花が土に潜り、土の中で種になったものです。畑では、土を耕した後に植えつけ用の畝を作りました。そこにサツマイモの苗は、穴を掘って深めに植えつけました。落花生の種は一ヶ所に2粒ずつまきました。収穫はどちらも10月の予定です。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事