2/2 14:00~15:30 東京都水道歴史館見学会~歴史と技術、水道水源林を学ぶ~ 

ECOキャンパス

東京都文京区にある「東京都水道歴史館」は、江戸時代の上水から現代の水道までの歩みを、資料とともに紹介している施設です。専属アテンダントの解説付きで、神田上水や玉川上水などの江戸上水から、近代水道の創設、現在の水道に至るまで、規模・水質ともに世界有数のレベルに達した東京水道の歴史や技術について学びます。また、多摩川の上流、山梨県にまたがって位置する、水道水の源である水道水源林の機能や保全の取組についても学びます。

上水とは…主として飲料用に溝または管に通じた清水、またはそれを運ぶ設備で、江戸時代の上水道のことです。河川、池、沼などから導かれ、江戸、水戸、金沢をはじめ城下町に多く設けられました。江戸では、神田上水、玉川上水が有名です。

日時2020年2月2日(日)14:00~15:30(受付は13:55~)
会場東京都水道歴史館
集合場所:1Fラウンジ
対象港区在住・在勤・在学の方(小学3年生以下は保護者同伴)
講師東京都水道歴史館アテンダント
定員20名(抽選)
参加費無料
申込み方法1月19日(日)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
当落結果は1月22日(水)までにお知らせいたします。

お申込み〆切を過ぎましたが、定員に余裕があるため先着にて受付いたします。
下記の申込みフォーム、又はお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、キャンセル待ちとして受付した旨や、お断りのメールをお送りすることがございます。
そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザTEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申込みはこちら

ピックアップ記事