• レクチャー
  • 大人
  • SDGs
  • 先着

【終了しました】【オンライン】みなとSDGs vol.6~「サーキュラーエコノミー」から考えるSDGs~

2020年11月10日(火)実施

世界が取組む持続可能な世界を実現するための目標が「SDGs(Sustainable Development Goals)」です。 そのSDGsにどう取組めばいいのかを考える連続講座の第6回目です。今回は、資源を循環させるビジネスモデル「サーキュラーエコノミー」について解説します。
私たちの生活は、水や木、空気、石油などの有限な資源を大量に消費し、資源不足の問題を抱えています。また、使用した製品の多くはゴミとなり再利用されず、一部は海や森などの自然の生態系に大きなダメージを与えています。
「サーキュラーエコノミー」は、これまでゴミとなっていた製品や原材料などを新たな「資源」として再利用し、廃棄物を出すことなく資源を循環させる経済の仕組みです。
サーキュラーエコノミーについてのレクチャーとグループワークを通じて、地域資源を活かし持続可能な社会を実現するための方法や考え方について学びます。 日々の暮らしや企業活動、地域でできることを一緒に考えてみませんか?

※SDGsとは…2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取組むユニバーサル(普遍的)なものです。
(外務省ホームページより引用 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html)

日時2020年11月10日(火)18:00~20:00(受付は17:45~)
会場オンライン(ZOOMミーティング)
対象港区在住・在勤・在学の小学生以上の方(グループディスカッションを予定しているため小学生は保護者同席)
講師奥野 光久氏 (一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン 職員)

【プロフィール】
2014年ジョージワシントン大学卒業後、2015年に日系コンサルティングファームへ入社。その傍らで350.org Japanに参画。2019年11月からはゼロ・ウェイスト・アカデミーへ。ゼロ・ウェイストに包括されたサーキュラーエコノミーの在り方を経験。2020年4月からZero Waste Japanの総務/経理スタッフとして活動中。また、2019年7月からは認定特定非営利活動法人 Living in Peaceにて、ファンドのリスク分析やレポート配信チームの一員として活動中。

松尾 沙織氏(SDGsライター/ACT SDGs主宰/ダイベストメントコミュニケーター)

【プロフィール】
2011年の震災をきっかけに、当時の働き方や社会の持続可能性に疑問を持ち、「ソーシャルデザイン」という言葉を広めたNPO法人グリーンズのライターインターンに応募、同団体の編集学校を卒業。登壇やSDGs講座コーディネート、勉強会を主催。また「ダイベストメントコミュニケーター」として、気候変動の問題を広める活動をしている。現在はフリーのライターとして、さまざまなメディアで「SDGs」や「サステナビリティ」を紹介する記事を執筆。
定員28名(先着)
参加費無料
共催みなと環境にやさしい事業者会議mecc

ピックアップ記事