• レクチャー
  • どなたでも
  • 自然共生
  • 先着

【終了しました】昆虫食への入り口~虫を食べるとエコになる?~

2021年2月20日(土)実施

昆虫食は、肉食と比べて環境への負荷が少ないと言われ、2013年にはFAO(国連食糧農業機関)が食料不足問題の解決策として有用とする報告書を発表しました。食用昆虫は保存性が高く、他の食肉と違い、水や飼料の必要量が少ないなどの利点があります。海外では、昆虫食を扱うベンチャー企業が次々と生まれ、注目が高まっています。しかし、まだ一般的に普及しているわけではなく、理解が広まっていないのが現状です。
幼少から昆虫食に親しんできた講師の目線で、昆虫食と地球環境の関わりや、昆虫食のこれからの可能性についてお伝えします。講座の最後には、実際に昆虫を試食することができます。

日時2021年2月20日(土)14:00~15:30(受付は13:45~) 
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
講師内山 昭一氏(昆虫料理研究家/NPO法人昆虫食普及ネットワーク 理事長)

【プロフィール】
1950年長野市生まれ。昆虫の味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究。2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告を発表以降、昆虫料理研究の活動の幅を大きく広げる。著書に『昆虫食入門』(平凡社新書)、『昆虫は美味い!』(新潮新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)ほか。東京都日野市在住。
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具


ピックアップ記事