伝統芸能と自然の関わり展

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。
また、混雑時は入場制限でお待ちいただく場合があります。

ご来館者の皆様へのお願い」をご一読の上、ご来館ください。

展示期間 2020年10月1日(木)~10月18日(日)9:30~20:00(最終日は15:00まで)

能や狂言、歌舞伎といった日本の伝統芸能の舞台道具には植物や動物を材料にした物が多くあり、伝統芸能と自然は深くつながっています。この展示では、伝統芸能の道具と動物、植物とのつながりを詳しく紹介します。昨年実施の『伝統芸能と自然の関わり~絶滅危惧種「イヌワシ」を例に~』の解説や、日本自然保護協会の森林保護活動を中心に、自然環境と文化、人とのつながりについて考えます。

ピックアップ記事