すべての動物に思いやりを展

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。
また、混雑時は入場制限でお待ちいただく場合があります。

ご来館者の皆様へのお願い」をご一読の上、ご来館ください。

展示期間 2020年10月19日(月)~10月28日(水)9:30~20:00

私たちが口にしている鶏・豚・牛など畜産動物の飼育方法は、劣悪な環境であることが多いです。その現状や、アニマルウェルフェアという考え方を学びます。フォアグラや毛皮となるまでの現状など、動物が食べ物や物として消費されるまでにどのような過程があるのかを展示でお伝えします。

※展示内容に怪我をした動物や死骸の写真があります。

※アニマルウェルフェアとは…世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)の勧告において、「動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されたもので、家畜を快適な環境下で飼養することにより、家畜のストレスや疾病を減らすことが重要とされています。(農林水産省ホームページより引用 https://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/animal_welfare.html

ピックアップ記事