カサの使い捨てについて考える展

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、展示が中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。
また、混雑時は入場制限でお待ちいただく場合があります。

ご来館の皆様へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

展示期間 2021年6月5日(土)~7月7日(水)9:30~20:00(初日は13:00から)

日本では大量のカサが破棄され、リサイクルできずに埋め立て処理されています。カサの使い捨ての現状や、生産過程で発生するCO₂排出量について学びます。また、そのような問題を解決するために、すべてがプラスチックでできた、張り替えや骨の取り換えができるカサを開発している(株)サエラの取組を紹介します。通常の傘と、サエラのカサの両方を観察しながら、素材や仕組みの違いを知り、リサイクルの重要性を考えましょう。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、展示が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事