【終了しました】映画「おだやかな革命」上映&渡辺智史監督トーク

過去のイベント

2019年12月15日実施 
自然エネルギーを活用し、地域再生に取り組む人々を描いたドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映会を開催します。日本各地で、自分たちが使うエネルギーからローカルな社会の在り方を変えていこうとする動きが起こっています。
映画では、広大な土地を活かした太陽光発電、豊富な水資源を利用した小水力発電、森林の間伐材を活用したバイオマス発電など、地域住民が自らエネルギー事業を立ち上げていく姿が紹介されます。
自然エネルギーへのシフトが始まっている中、都市部は、地方で作られたエネルギーに頼った生活が続いています。
今回は、渡辺智史監督のお話も伺い、参加者同士のディスカッションも交えながら、都市部での再生可能エネルギーとの関わりや持続可能な社会についてみなさんと一緒に考えます。

※1回目は、映画上映の後にトーク、2回目は、トークの後に映画上映の順番になります。

日時
2019年12月15日(日)
1回目 14:30~17:45(受付は14:15~)
 14:30~16:30 「おだやかな革命」上映会&感想シェア
 16:30~16:45 休憩
 16:45~17:45 渡辺智史監督トーク

2回目 16:45~20:00(受付は16:30~)
 16:45~17:45 渡辺智史監督トーク
 17:45~18:00 休憩
 18:00~20:00 「おだやかな革命」上映会&感想シェア
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも
講師渡辺 智史氏(「おだやかな革命」監督)

【プロフィール】
山形県鶴岡市生まれ。 東北芸術工科大学卒業後、上京し、ドキュメンタリー映画制作に従事。2012年制作のドキュメンタリー映画『 よみがえりのレシピ』は、香港とハワイの国際映画祭に招待。 映画制作・配給会社「有限責任事業組合いでは堂」共同代表。
定員各回40名(先着)
参加費無料
協力オイシックス・ラ・大地株式会社

【当日の様子】
ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映会と、渡辺智史監督の講演会を開催しました。
映画では、太陽光による電力会社を立ち上げた福島県喜多方市の酒蔵の当主や福島県飯館村の元畜産農家の取組、集落全員の出資で小水力発電事業を立ち上げる岐阜県郡上市の活動、秋田県にかほ市の風力発電、岡山県西粟倉村の森林資源を生かす人々など、エネルギーの自給自足を目指す地域住民の活動が紹介されました。
渡辺監督からは、「どこで暮らすか」ではなく「どんな人たちと関係して暮らしいくか」が大切だと話がありました。都会に住んでいたとしても、生産者の顔が見える野菜や肉で料理をすることや水道から出てくる水から水源の森を保護している人たちを想像するなど、また、自分が買う電気がどんな地域でどのように作られているのかを知って、選択することで、社会はより良い方向に変わっていくのでは?と問いかけがありました。
都市部での再生可能エネルギーとの関わりや持続可能な社会について考える機会となりました。

ピックアップ記事