• 受付中
  • ワークショップ
  • どなたでも
  • 循環型
  • 先着

11/1(日) 14:00~16:00 アクアカレッジ~人と水の未来~vol.2 世界の水問題と食の関係について考える

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

私たちのいのちや暮らしに不可欠な水について、全3回のレクチャーとワークショップで学ぶ講座です。第2回目は、私たちの生活に欠かせない「食」と「水」の関係について、「仮想水(バーチャルウォーター)」という考え方を通じて学びます。「仮想水(バーチャルウォーター)」とは、食料を輸入している国(消費国)において、もしその輸入食料を生産するとしたら、その過程でどの程度の水が必要かを推定したものです。食料自給率の低い日本は、多くの食材を海外から輸入していますが、同時に、海外の水にも依存していることになります。世界の水不足や水質汚染などの水問題と、私たちの日々の食事の関係について学びます。

<今後の日程>
vol.3   2020年12月12日(土) テーマ「森と水」
※各回ごとにお申込みが必要です。

日時2020年11月1日(日)14:00~16:00(受付は13:45~) 
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも
講師橋本 淳司氏(水ジャーナリスト)
定員15名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法9月27日(日)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、キャンセル待ちとして受付した旨や、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申込みはこちら

ピックアップ記事