• 受付前
  • レクチャー
  • 大人
  • 脱炭素
  • 先着

3/30(水) 18:30~20:00 木からつくられるお酒の話

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

日本では古くから、家や道具、紙などの原材料として木を使用してきました。しかし次第にプラスチック製品の普及や外国の安価な木材輸入の増加により、国産材の使用量は大幅に減少しました。その結果手入れされず放置された森林では、さまざまな問題が起きています。そのような状況の中、世界初の、木の幹からお酒をつくる研究が行われ、販売実現に近づいています。講師が木のお酒づくりにチャレンジしたきっかけや製造過程、試作中のエピソードについてお話しします。また、木の種類による香りの違いを実際に体感します。国産材利用の新しい可能性について学び、森林循環の重要性について考えます。

※講座では、マスクをはずしてお酒の香りを嗅ぐ時間があります。
※試飲はおこないません。

日時2022年3月30日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の20歳以上の方
講師野尻 昌信氏(森林総合研究所 森林資源化学研究領域 チーム長)
大塚 祐一郎氏(森林総合研究所 森林資源化学研究領域 主任研究員)
定員15名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法 2月23日(水・祝)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事