• 受付中
  • レクチャー
  • 大人
  • 脱炭素
  • 先着

【オンライン】3/2(土) 14:00~16:00 森の時間、人の時間~近代における森林保全の矛盾と目指すべき道~

※本講座はオンラインで実施します
※オンラインはZoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

日本は、国土の約7割を森林が占める国ですが、森の多くは荒廃していると言われています。木材価格の低迷、山村の過疎化、林業従事者の減少など、様々な要因が考えられますが、その根底には、森に流れる時間と歩幅を合わせて生きることができなくなった私たち人間の現実があると言われています。森の木々は数百年、ときに数千年という時間スケールのなかで生きていて、林業として木を育てる場合も、短くても50年の期間はかかると言われていますが、現代を生きる私たちの世界は、1日、1か月、1年と、とても短い期間で日常が変化していきます。変化の激しい現在において、50年、100年を見越して働くことは難しくなりました。しかし、かつての山村や農村では森と人間の共生が実現していました。この講座では、哲学者でありNPO法人森づくりフォーラム代表理事の内山節氏を講師に迎え、昔と現在の自然に対する価値観や時間感覚の違いから、時間を経済価値化する現代が抱える矛盾と森林経営の関係について説明します。また、日本の森林の問題やこれからの森と人の関係のあり方についても解説します。人間と森との関係をどう捉え、私たちはこれからどのように森と関わっていく必要があるのか。森とともに暮らす社会をつくるために必要なことについて一緒に考えましょう。

日時2024年3月2日(土)14:00~16:00(受付は13:45~)
会場オンライン(Zoom)
※お申込みいただいた方限定で講座後2週間アーカイブ配信いたします。
対象港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方(区外の方も参加できます)
講師内山 節氏(哲学者/NPO法人森づくりフォーラム 代表理事)

【プロフィール】
1970年代から東京と群馬県上野村の二重生活を続けながら、在野で、存在論、労働論、自然哲学、時間論において独自の思想を展開する。2016年3月まで立教大学21世紀社会デザイン研究科教授。著書に『新・幸福論 近現代の次に来るもの』『森にかよう道』『「里」という思想』『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』『戦争という仕事』『文明の災禍』ほか。2015年冬に『内山節著作集』全15巻が刊行されている。
定員30名(先着)
参加費無料
申込み方法 1月27日(土)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加にあたって>
Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事