• レクチャー
  • 大人
  • 自然共生
  • 先着

【終了しました】都市から森を育てるvol.2~森と人をつなぐ製材業の可能性と未来~

2021年1月14日(木)実施

林業の現状や課題を知り、都市に暮らす私たちが出来ることについて、全4回のレクチャーを通じて考える連続講座です。第2回目は「製材業から見る林業と日本の森」をテーマに、林業の歴史と現状を解説します。製材業は、森から伐採した木を板や角材に加工し、木の伐採を行う林業と、家具や家などを作るメーカーとをつなぐパイプの役割を担っています。これまでの木材利用の大部分は、加工のしやすさから針葉樹が中心となっていましたが、近年は材価の下降や森林の持続可能性から広葉樹の活用も注目を集めています。他方で、林業とメーカーの関わりが希薄になり、お互いのニーズが一致していないという課題もあります。
この講座では、林業とメーカーの間に立つ製材業の方の話を通じて、どのように人と森が関わっていけばよいか考えます。
※グループディスカッションによる意見交換の時間があります。

武田製材有限会社
http://smw2.oops.jp/takeda/index.html

日時2021年1月14日(木)18:00~20:00(受付は17:45~)
会場オンライン(ZOOMミーティング)
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方を中心にどなたでも
講師武田 誠氏(武田製材有限会社 社長)
湧口 善之氏(一般社団法人街の木ものづくりネットワーク 代表理事)
定員40名(先着)
参加費無料

ピックアップ記事