サンゴ礁から見えてくる環境問題展~イノカの考えるこれからの海洋環境教育~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、展示が中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。 また、混雑時は入場制限でお待ちいただく場合があります。

ご来館の皆様へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

展示期間 2022年6月8日(水)~6月30日(木)9:30~20:00(最終日17:00まで)

今、自然環境は危機に瀕し、この20年で、多くの水生生物が生きていけなくなると言われています。水生生物との共生を真剣に考える時代がきました。サンゴ礁生態系を都心部で再現する独自の「環境移送技術」を持つ株式会社イノカが、「子どもたちに、サンゴをはじめとした海の生き物を取り巻く問題を知ることをきっかけにして課題を探究できる人になってほしい!」という想いを込めて作った、環境教育プログラムをパネルで紹介します。また、水槽でのサンゴ礁生態系の再現や、2022年2月に世界で初めて成功したサンゴの真冬での人工産卵の様子を映像で紹介します。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、展示が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事