ECOパレット講座「空き瓶をリメイクし、和ーバリウムを作ろう」を開催しました

イベントレポート

2019年4月25日(木)
Lulu.Floraフラワーアレンジメント講師の上田幸瑛氏を迎え、「空き瓶をリメイクし、和ーバリウムを作ろう」を開催しました。 
最初にハーバリウムについて説明がありました。ハーバリウムは植物標本という意味で、瓶の中にプリザーブドフラワーやドライフラワーを専用のオイルに浸して作るインテリア雑貨で、フラワーアレンジメントで残った花材を再利用したことが発祥です。今回は日本固有の花を使った和風のハーバリウムを作成しました。使用した花は、キンポウゲ、カスミソウ、アジサイなどです。アジサイは、私たちが花だと思っている部分は実は花ではなくガクで、真ん中に咲く小さい花が本当の花であると学びました。ハーバリウム作りでは、瓶の上部はスペースを作り、花を詰めすぎないようピンセットを使い調整します。花を入れ終えたら、専用オイルを注ぎ、蓋をして完成です。オイルの光学特性により外の光が瓶の中で乱反射を繰り返すため、花や植物がスポットライトを浴びたかのように照らされるのだそうです。オイルにより、植物の色や形が鮮明になり、丁寧に植物を観察することができました。身近にある日本の草花についての知識と関心が深まる機会となりました。

ECOパレットとは

ピックアップ記事