• 受付前
  • ワークショップ
  • 親子
  • どなたでも
  • 循環型
  • 抽選

3/19(土) 考えよう、プラスチック問題

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

プラスチックは、今や私たちの暮らしに深く浸透する素材となりました。しかし、きちんと処理されず、海に捨てられたり、陸から海に流れ出したプラスチックごみは、「海洋プラスチック」と呼ばれ世界的な環境問題となっています。軽くて丈夫なプラスチックは、海に流れ出たあとも数百年にわたり海に漂い、たまり続け、海の生き物の命を奪っています。
日々使用しているプラスチック用品を、別の素材のものに置き換えることにより、海の生き物や、さらには森林を守ることにもつながることを楽しく学ぶワークショップを開催します。

【プログラム】
3月19日(土)
10:30~12:00 ワークショップ①「木からできた布でランチョンマット」
13:00~15:30 ワークショップ②「木製マイスプーンを作ろう」

※申し込みは講座ごとにお願いします。
※講座ごとに内容が異なりますので、各詳細をご参照ください。


ワークショップ① 3月19日(土)10:30~12:00「木からできた布でランチョンマット」

木からできた布のランチョンマットをデコレーションし、オリジナルのランチョンマットを完成させます。また、「きのかみ」を折って箸置きを作り、木の食卓セットを作ります。木の素材を使うことを通して、森林が放置されるようになった原因や、間伐の必要性について学びます。木の素材の日用品を作ることで、脱プラスチックのために私たちができることを考えましょう。

※ランチョンマットの布は、「木糸(もくいと)」を使用しています。これは、森林の整備で出てくる間伐材(スギ・ヒノキ)を使用して、和紙をすいて作られた糸です。「きのかみ」は、木を薄くスライスして紙と貼り合わせたもので、本物の木でありながら折り紙のように折ることができます。(ハートツリー株式会社HPより引用 https://heart-tree.com/products/kinokami.html、https://heart-tree.com/products/mokuito.html) これらの材料の木は国産材です。

日時2022年3月19日(土)10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の4歳以上の方(小学3年生以下は保護者同伴)
講師山口 祐貴子氏(ハートツリー株式会社 取締役)
定員12名(抽選)
参加費無料
持ち物筆記用具、汚れても良い服(エプロンなど)
申込み方法2月5日(土)10:00から3月5日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は3月8日(火)までにお知らせいたします。

ワークショップ② 3月19日(土)13:00~15:30「木製マイスプーンを作ろう」

海洋プラスチック問題について学んだ後、木を掘り、削って、やすりをかけて、世界で一つのマイスプーンを作ります。
※彫刻刀作業は保護者の方に行っていただきますが、お子様が彫刻刀を扱う場合は、保護者の方が見守り、作業を補助していただきますようお願いいたします。

日時2022年3月19日(土)13:00~15:30(受付は12:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の小学生とその保護者
講師海老原 輝昭氏(ちきゅうの学校)
定員12組(抽選)
参加費無料
持ち物滑り止め付き手袋(手のサイズに合ったもの。子どもも保護者もそれぞれご持参ください)、汚れても良い服
申込み方法2月5日(土)10:00から3月5日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は3月8日(火)までにお知らせいたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザTEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事