• 受付中
  • レクチャー
  • 大人
  • 自然共生
  • 先着

10/26(水) 18:30~20:00 生活の中のバイオミメティクス~生きものの形や能力を真似る~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

バイオミメティクスという言葉を知っていますか?日本語では「生物模倣」という意味で、生きものの形や能力をヒントに新たな技術を開発したり、ものづくりに活かす科学技術のことです。例えば、500系新幹線の先頭車両の流線形のデザインは、カワセミのくちばしの形状を模しています。このように、私たちの身の回りには生きものからヒントを得たものや技術がたくさんあります。また、自然から学ぶバイオミメティクスは、持続可能な社会を実現するための手段としても期待されています。
この講座では、バイオミメティクスと、それを利用した技術を学びます。また、バイオミメティクスの考え方を発展させた、人間と自然の共存を目指す「エコミメティクス」の考え方についても解説します。生きものの形や能力と、それを活かした科学技術について学び、自然と共生する大切さについて考えましょう。

日時2022年10月26日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学を中心とした小学4年生以上の方(小学生は保護者同伴)
講師平坂 雅男氏(NPO法人バイオミメティクス推進協議会 事務局長)

【プロフィール】
化学系企業において研究開発および研究企画等に従事した後に、2014年から2021年まで高分子学会常務理事を務め、現在、NPOバイオミメティクス推進協議会事務局長。2012年よりバイオミメティクスの国際標準化作業に従事している。専門は、電子顕微鏡、バイオミメティクス、技術経営。バイオミメティクス関連では『ドラえもん科学ワールド;未来をつくる生き物と技術』(小学館)(監修)、『トコトンやさしいバイオミメティクスの本』(日刊工業新聞社)(分担執筆)ほか。1955年東京生まれ、東京都在住。
定員30名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法 9月21日(水)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


お申込みはこちら

ピックアップ記事