• 受付前
  • レクチャー
  • 大人
  • SDGs
  • 抽選

11/26(土) 14:00~15:30 ごみ清掃から見るSDGs~マシンガンズ滝沢さんと考えるごみ問題~

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

※ハイブリッド形式(会場とオンライン)で実施します。
オンラインはZoomを利用します。はじめての方は当日使用するパソコン、スマートフォン、タブレットでZoomが視聴可能かご確認ください。

日本国内の年間のごみの排出量は4,200万トンと言われ、東京ドーム約112杯分の量に相当します。食品ロスや海洋プラスチックごみ、環境汚染など、ごみは社会や環境と密接な関わりを持ち、様々な問題が発生しています。約22年後にはごみの最終処分場が埋まり、ごみが捨てられなくなると言われており、私たち一人ひとりのごみを減らす努力が求められています。この講座では、お笑いコンビ「マシンガンズ」として活動するかたわら、ごみ清掃員として働く滝沢秀一さんが、自身の体験から見えてくるごみ問題やSDGsについてお話しします。身近な家庭ごみを題材に、分別の大切さやごみを出さないライフスタイルを滝沢さんと一緒に考えてみませんか。

日時2022年11月26日(土)14:00~15:30(受付は13:45~)
会場港区立エコプラザ、オンライン(Zoom)
対象会場:港区在住・在勤・在学の中学生以上の方
オンライン:港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方(区外の方も参加できます)
講師滝沢 秀一氏(お笑い芸人兼ごみ清掃員)

【プロフィール】
1976年、東京都生まれ。太田プロダクション所属。東京成徳大学在学中の1998年、西堀亮とお笑いコンビ「マシンガンズ」を結成。「THE MANZAI」で認定漫才師に選ばれるなどコンビとしての実績をあげている中、2012年、妻の妊娠を機に、ごみ収集会社で働きはじめる。ごみ収集の体験をもとにSNSや執筆、講演会などで発信している。2018年、エッセイ『このゴミは収集できません』(白夜書房)を上梓したあと、
漫画『ゴミ清掃員の日常」(講談社)、『ごみ育』(太田出版)などを出版。2020年10月、環境省『サステナビリティ広報大使』に就任。同12月、消費者庁『食品ロス削減推進大賞』の委員長賞を受賞。
定員会場:20名(抽選)
オンライン:100名(先着)
参加費無料
持ち物会場:筆記用具
申込み方法【会場(抽選)】
10月15日(土)10:00から11月12日(土)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、会場へのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は11月15日(火)までにお知らせいたします。

【オンライン(先着)】
10月15日(土)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

<オンライン講座参加にあたって>
Zoom/視聴URLは当日までにEmailでご案内いたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事