• ワークショップ
  • 子ども
  • SDGs
  • 抽選

3/21(火・祝) 10:30~12:00 ルアーで大きなサカナを作ろう!

※新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、イベントが中止・変更になる場合がございます。最新情報はホームページにてご確認ください。

また、「講座参加者へのお願い」をご一読の上、ご参加ください。

漁業や釣りで使う疑似餌のルアーと餌木(えぎ)の回収活動をしている講師が、現状の海の環境問題と今後の課題について話します。ワークショップでは、回収活動をしているダイバーが拾ったルアーと餌木(えぎ)を使って、参加者全員で一つの大きな魚のオブジェを作ります。完成した作品はエコプラザで展示します。海の環境問題のお話やワークショップを通して、海洋ゴミや海中に残された釣具の問題について学びましょう。

※餌木(えぎ)とは、魚やエビを模した釣具のことです。

日時2023年3月21日(火・祝)10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の小学生~中学生(小学2年生以下は保護者同伴)
講師草地 ゆき氏(海洋保全PR活動マリンアクション
定員10名(抽選)
参加費無料
持ち物筆記用具、動きやすい服装
申込み方法2月7日(火)10:00 から3月7日(火)17:00までに、下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しておりますが、本イベントへのご参加は抽選にて決定いたします。
抽選結果は3月10日(金)までにお知らせいたします。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事