• 受付終了
  • レクチャー
  • 子ども
  • 大人
  • 生物多様性
  • 先着

2/25(日) 10:30~12:00 東京の生きものがピンチ!~最新絶滅危惧種レッドリストから見つめる東京の自然~

私たちが生きている世界には人間以外にも、植物、微生物、魚類、昆虫類、哺乳類など様々な生きものたちが存在しています。地球上のあらゆる生きものがお互いに関わり合いながら生きていることを生物多様性と言います。彼らの多様な個性とつながりによって、酸素や土が生まれ、水を循環させるなど地球環境は維持されています。
しかし今、世界中で生物絶滅の速度は加速しており、生態系に大きな危機が訪れているのです。
生きものたちのピンチを知ってもらうために東京都では、絶滅のおそれのある野生生物について解説したレッドデータブックを10年ぶりに改定し、2023年に発行しました。2010年版のものと比較すると、250種類以上が絶滅危惧種として新たに掲載されたそうです。
この講座では、生態系の仕組みを学び、生物多様性を守るために必要な指針となるレッドリストから、東京の自然環境を見つめます。
生物多様性が失われるとどのような影響があるのかや、国内外からの外来種の問題について、東京での自然保全の取組についても解説します。
都会で暮らす私たちがどのように自然に関わっていくことができるのか、レッドリストから学んでみませんか?

ご利用者のみなさまへ」をご一読の上、ご参加ください。

日時2024年2月25日(日)10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学を中心とした小学4年生以上の方(小学生は保護者同伴)
※区外の方も参加できます
講師菅谷 和希氏(株式会社環境指標生物
定員30名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ピックアップ記事