• ワークショップ
  • 親子
  • 循環型
  • 抽選

【終了しました】水のふしぎサイエンスラボ~自由研究のヒントがいっぱい~①(対象:港区在住・在学の小学1~3年生とその保護者)

2020年8月19日(水)実施

水はとても身近な存在であり、私たちの生活にはなくてはならないものです。一方で、あらゆる物質のなかで、もっとも不思議な性質をもっていると言われています。例えば、「温まりにくく冷めにくい」「液体の水のほうが固体の氷より重い」「いろいろな物質を溶かすこと」などです。これらの水の性質が、地球やそこに暮らす生き物の生活を支えています。
今回の講座では、「水の色を瞬間的に変えるマジック」や「水に浮かぶものと浮かばないものを当てるクイズ」、「水の表面張力を使ったゲーム」など、水の不思議な性質がわかる実験を行います。また、水不足、水質汚染、気候変動など、日本や世界の水問題について解説します。

日時2020年8月19日(水)10:30~12:00(受付は10:15~) 
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在学の小学1~3年生とその保護者
講師橋本 淳司氏(水ジャーナリスト)

【プロフィール】
水ジャーナリストとして水問題やその解決方法を調査、さまざまなメディアで発信している。水問題に関する近著に『水道民営化で水はどうなる』(岩波書店)、『水がなくなる日』(産業編集センター)、『通読できてよくわかる水の科学』(ベレ出版)、『日本の地下水が危ない』(幻冬舎新書)など。「Yahoo!ニュース 個人 オーサーアワード2019」受賞。
定員12組(抽選)
参加費無料
持ち物筆記用具、ハンカチもしくはタオル(実験で水を使うため手拭き用)

【当日の様子】
最初に、水は水蒸気や雲などに形を変え、地球上のあらゆるところを巡っていることを、すごろくゲームを使って体験しました。
次に、生活排水について学びました。キッチンからの水が一番水を汚しており、汚れた水を生きものが住めるくらい薄めるには、味噌汁 (200ml)ではバケツ141杯分、天ぷら油(500ml)は9900杯分の水が必要になります。海外では、飲み水を汲みに村と川を往復するのに6時間もかかり、学校に行けない子どもたちもいます。水の運搬用タンクを活用することで、水汲みの時間を短縮し、生活の向上を図ることができると説明がありました。この講座を通して、水資源の大切さや、水を使い続けるために、私たちが気をつけるべきことを考える機会になりました。

ピックアップ記事