• レクチャー
  • 大人
  • SDGs
  • 先着

【終了しました】持続可能なファッションを考えるvol.2~大量廃棄を減らすには?~

2021年11月20日(土)実施

服の製造過程や廃棄時には、環境や人に大きな負荷をかけていると言われており、近年ファッション業界において「持続可能な製品作り」が重要になっています。この講座では、世界や日本のファッション業界における製品作りの変化について解説します。また、講師が取組む余剰な在庫を持たない受注販売という選択について学びます。
更に、私たち一人一人の服の消費や廃棄についても考えます。「リユース店に持って行っているから、寄付しているから問題ない」などの考え方が本当に正しいのか、リユース業界の状況を学び、見つめ直してみませんか?

11月1日(月)~11月14日(日)の期間、関連の展示を行います。詳細はこちらをご覧ください。

日時2021年11月20日(土)10:30~12:00(受付は10:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学を中心とした中学生以上の方
講師植月 友美氏(Enter the E CEO)

【プロフィール】
GEORGE BROWN COLLEGE(ジョージブラウンカレッジ)FASHION MANAGEMENT卒。
18歳からファッション業界に入り古着のバイヤーなど経験。グローバルビジネスを学ぶため渡加、渡米。COLLEGE卒業後 NYで就労を経験、帰国後12年間日本の大手小売企業で店舗運営、バイイング、商品企画、事業開発、マーケティングなど担当。
2009年、杜撰なファッション業界の環境破壊を目の当たりにし、人や地球に迷惑をかけずに洋服を楽しめる社会をつくること決意。人生をかけて、「地球と人が服を楽しめる社会の両立」実現を挑む。
2019年ジャパンソーシャルビジネスサミット 審査員特別賞受賞。
2019年ビジネスで社会問題を解決する集団、株式会社ボーダーレスジャパンにジョイン。
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具

ピックアップ記事