• レクチャー
  • どなたでも
  • 循環型
  • 先着

【終了しました】八百屋さんと考えるフードロス~味はいいのに捨てられる?~

2021年11月26日(金)実施

フードロスは、食品の食べ残しや売れ残りだけではなく、生産過程でも発生しています。例えば農産物の場合では、味は良くても、形が規格より大きすぎたり、歪んでいたりすると通常の流通に乗せられないため、農家で廃棄されます。また、無農薬で栽培された野菜も、虫食いが出来やすく、販売が難しい事があります。こうしたまだ食べられる食品の廃棄がある一方、世界では貧困や紛争により、約8億人分の食料が不足しており、食の偏りが起きています。講師が運営する八百屋では、一般では流通しにくい「規格外野菜」を扱うことで、フードロスの削減に取組んでいます。更に地元の農産物を中心に扱う事で、地産地消の促進や、配送時に発生する二酸化炭素の削減につなげています。講師が運営する八百屋のテーマである「形はワルいが、味はイイ。」こうした野菜を通して、持続可能な食の未来について考えましょう。

日時2021年11月26日(金)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場オンライン(Zoomミーティング)
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも(小学生以下は保護者同席)
講師竹下 友里絵氏(タベモノガタリ株式会社 代表取締役社長)
定員40名(先着)
参加費無料

ピックアップ記事