【終了しました】脱炭素社会と気候変動を考える月間展

2022年11月1日(火)~11月30日(水)実施

COP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議)が今年の11月にエジプトのシャルム・エル・シェイクで予定されています。エコプラザでも11月の1か月間を「脱炭素社会と気候変動を考える月間」として、気候変動に関する基本的な情報から、近年世界や日本で進められている政策や対策、取組を講座・展示・ワークショップを通して紹介します。また 「気候変動の適応」について考える機会を提供します。

「脱炭素社会と気候変動を考える月間」の詳細はこちらをご覧ください。

展示① 関連動画の館内上映 デジタル紙芝居「こんにちは、適応策」
提供:国立環境研究所 気候変動適応センター(CCCA)
過去100年間の気温の変化から、「適応」について学べるデジタル紙芝居の動画を期間中に上映します。「適応」について分かりやすく、そして楽しく学べる動画です。


展示② 日本企業による海外での適応ビジネスの事例
すでに1℃以上の気温上昇が起きていることから、様々な気象異常が世界的に起こり私たちの生活が脅かされています。前回のCOP26では、今後は各国の政策だけにとどまらず、民間企業や自治体の役割が重要だと示されました。そしてすでに日本の企業が海外での適応ビジネスを推進しています。事例をパネルでご紹介します。


ピックアップ記事