• レクチャー
  • 子ども
  • 大人
  • 自然共生
  • 先着

【終了しました】キノコの不思議について学ぼう~多様性・生態と人との関わり~  

2021年9月15日(水)実施

菌類であるキノコは、 倒木や落ち葉から栄養を得る「分解者」であると同時に、生きた樹木と栄養のやりとりをするなど、 森林の生態系において重要な役割を担っています。 そのような野生のキノコの多様性や生態、 森林との関係について学びます。また、 キノコと食文化は切っても切れない関係にありますが、日本で人気のあるキノコが海外でも人気とは限りません。日本で独自の発展をしてきたキノコの食文化について解説します。講座を通して、 キノコと自然、そして人間との関係について考えます。

日時2021年9月15日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場オンライン(Zoomミーティング)、港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の小学4年生以上の方を中心にどなたでも(小学生は保護者同伴)
講師保坂 健太郎氏(独立行政法人国立科学博物館 植物研究部 研究主幹)
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具
申込み方法8月11日(水・祝)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、またはお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、お断りのメールをお送りすることがございます。そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

ピックアップ記事