ECOキャンパス講座「ボトルアクアリウム作り」を開催しました。

イベントレポート

8月9日(木)
生態系を学ぶ一環として、一般財団法人進化生物学研究所の蝦名元先生を講師にお迎えし、ECOキャンパス講座「ボトルアクアリウム作り」を開催しました。「手軽に作れるボトルアクアリウムですが、命なので責任を持ちましょう」という説明から始まり、動物、植物、微生物の、生物の循環について講義がありました。人間も動物を食べて命をつないでいて、「いただきます」というのは、生き物の命をいただいているという意味を含むことも説明され、受講者は真剣に聞き入っていました。ボトルアクアリウム作りに入る前に、各自のガラス瓶にアカヒレを1匹ずつ入れ、5つのヒレを観察しました。その後に、いよいよオリジナルのボトルアクアリウム作りです。ボトルアクアリウムは、小さなビンの中に生態系を再現します。まずは底砂を敷き詰め、水草のウィローモスを石で動かないように押さえます。この作業が難しく、自分の思い通りの場所に配置するのに悪戦苦闘しながらも、夢中な様子でした。最後にアカヒレを1匹入れ、ビンの入り口近くまで水を注いで完成です。その後、飼い方の注意などの質問が活発に出ました。大切に育てたい、との意見も沢山聞かれ、アカヒレの体の仕組みを知ると共に、命の大切さを学ぶ機会となりました。

ECOキャンパスとは

講座・イベント情報はこちら
会議室のご案内はこちら

ピックアップ記事