ECOキャンパス講座「家庭生ごみが堆肥に変わる!~段ボールコンポスト作り講習会~」を開催しました

イベントレポート

8月21日(火)
区が推進している、リデュース・リユース・リサイクルの3R活動の一環として、みなとリサイクル清掃事務所による、「家庭生ごみが堆肥に変わる!~段ボールコンポスト作り講習会~」を開催しました。最初に、“段ボールコンポストとは、微生物の力を借り、段ボールを使って生ゴミを堆肥に変えること”という説明がありました。段ボールコンポストに入れる、ココピートについての説明の後、堆肥の作り方のコツを学び、臭いの心配や虫がわいた時の対処法などの説明がありました。段ボールコンポスト作りを学びながら、家庭でできる環境保全について考え、実行するきっかけになりました。

※段ボールコンポストとは・・・家庭から出る生ごみをピートモス(ミズゴケなどが堆積してできた泥炭)等とともに段ボール箱に入れ、その中で減量・堆肥化を行うものです。
ECOキャンパスとは

ピックアップ記事