9/4 18:30~20:00 食べ物をムダにしないフードバンクの活動~今とこれから~

ECOキャンパス

フードロスと貧困問題への取組の一つとして注目されているフードバンク。フードバンクとは、まだ食べられるのに、さまざまな理由で捨てられてしまう食品を、食べ物に困っている施設や人に届ける活動のことです。
世界の取組にも触れながら、日本初のフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパンの活動と、目指しているフードセーフティーネットの環境について学びます。
日本のフードバンクの状況を知り、食べ物を取り巻く問題のこれからや、私たちの関わり方について考えてみませんか。
お話の内容は大人向けのものになります。

※フードセーフティーネットとは…食べものを用いた支援の概念であり、また緊急時にすぐ食品を確保するための活動の総称のことです。[セカンドハーベスト・ジャパン(認定NPO法人)ホームページより引用]

日時2019年9月4日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方中心にどなたでも
講師芝田 雄司氏[セカンドハーベスト・ジャパン(認定NPO法人) パントリーマネージャー]
定員40名(先着)
参加費無料
申込み方法7月31日(水)10:00~申込み開始
下記の申込みフォーム、又はお電話でお申込みください。申込みフォームからのお申込みは、受付メールを自動送信しております。定員に達した後の受付については、キャンセル待ちとして受付した旨や、お断りのメールをお送りすることがございます。
そのような連絡メールが届かない場合は、ご参加確定となります。

■お問い合わせ■
港区立エコプラザ
TEL:03-5404-7764(受付時間:9:30~20:00)

※天候や交通機関の運行状況およびその他の事情により、講座が中止、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申込みはこちら

ピックアップ記事