• レクチャー
  • 大人
  • 低炭素
  • 先着

【終了しました】連続講座「初級木工講座〜国産材と日本の森~(全8回)」説明会

2020年7月16日(木)実施

森の知識と木工技術を学ぶ初心者大歓迎の連続入門講座の説明会です。木材が生まれる森林の環境について学び、森づくりに貢献する国産材を日常に取り入れる方法と、木材や道具の扱い方を初歩から学びます。講座開催期間は2020年8月〜2021年3月(講座全8回)の予定です。

「初級木工講座〜国産材と日本の森~ 」(全8回)について
日本の森の環境と現状を知り、そこにある木々が国産材として利用される過程について学びます。木工体験を通して、森と都会の生活が木でつながっていることを体感し、森と都会の密接な関係を見いだす力を養います。木に触れる体験は自然環境を深く意識する生活につながり、環境保全への関わり方へのヒントになります。講座の修了者はエコプラザ・コミュニティー・メンバー(ECM)に登録できます。登録者は、 エコプラザのサポーターとして企画や講座などの運営ボランティア活動に携わることができます。また、森と木の学びを深めるためにエコプラザの工具を使い木工作業の自習ができるなど、エコプラザの場を環境活動の学びと取組に活用する目的で利用することができます。
【日程】
2020年8月〜2021年3月。
全8回の講座(ワークショップ含む)と作品発表展。
講座は毎月第3木曜日18:30~20:00。
作品発表展の日程は未定。

8月 (ワークショップ)木工道具の使い方 (レクチャー)日本の森林
9月 (ワークショップ) 国産材に触れる (レクチャー)国産材について
10月(ワークショップ)間伐材と枝で工作 (レクチャー)間伐材について
11月(ワークショップ)作品制作① (レクチャー)木の加工について
12月(ワークショップ)作品制作② (レクチャー)森と環境問題
1月 (ワークショップ)作品制作③ (レクチャー)森の恵み
2月 (ワークショップ)作品制作④ (レクチャー)森と農業の関係
3月 (ワークショップ)作品制作⑤ (レクチャー)森林の維持

【申込み】
申込みスタートは説明会終了後になります。申込みは説明会参加者が優先となります。
【定員/対象】
8名(抽選)
港区在住・在勤・在学の中学生以上の方を中心にどなたでも 。
【参加費】
5,000円(全8回分)

説明会日時2020年7月16日(木)19:00~20:00(受付は18:45~)
会場港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の中学生以上の方を中心にどなたでも
講師湊 泰樹氏(建築家)
定員20名(先着)
参加費無料
持ち物筆記用具

【当日の様子】
8月から2021年3月まで、全8回で開催される初級木工講座の説明会を実施しました。
講師の湊氏から、過去の参加者の方がどのように学ばれたかなど実例を踏まえつつ、全8回で何を学んでいくかの説明がありました。また「あなたにとっての身近な木箱とは」というお題で、参加者が発表しました。

ピックアップ記事