• レクチャー
  • どなたでも
  • 低炭素
  • 先着

【終了しました】パーム油の生産と熱帯雨林の関係

※本講座は、新型コロナウイルス感染症の都内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、オンライン開催(エコプラザ又は自宅等での視聴となります。)に変更させていただきます。
※エコプラザで受講される場合は、スクリーンでの視聴となります。

2021年1月13日(水)実施

食品や化粧品、洗剤などの原材料名に表示されている「植物油」の多くは、「パーム油」のことを指し、需要が増加しています。そのため、原料となるアブラヤシの栽培面積が急増し、熱帯雨林の減少や野生動物への影響が深刻な問題となっています。
パーム油の最大の生産地である、マレーシア・ボルネオ島におけるボルネオ保全トラスト・ジャパンの森林保全活動について学びます。また、再生可能エネルギーの原料としても注目される中で、世界と日本の取組の違いについてお伝えします。意見交換をしながら、一人一人の消費について考え直してみませんか。

日時
2021年1月13日(水)18:30~20:00(受付は18:15~)    
会場オンライン(Zoomミーティング)、港区立エコプラザ
対象港区在住・在勤・在学の方を中心にどなたでも(小学生以下は保護者同席)
講師青木 崇史氏(認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン 事務局長)
定員20名(先着)
参加費無料
協力東京サラヤ株式会社

ピックアップ記事