• ワークショップ
  • 子ども
  • ごみ・資源循環
  • 先着

【終了しました】エコプラザ・伝統文化交流館連携企画【全2回】和紙の折り紙で般若の能面をつくろう、演じてみよう! 

2024年2月23日(金・祝)実施
第1回:埼玉県小川町の和紙作りの歴史や自然との関わりを学び、伝統和紙の折り紙で般若の面と扇を作ります。自然素材から作られる和紙の手触りを楽しみながら、日本の自然環境と伝統文化の大切さについて考えましょう。

2024年2月24日(土)実施
第2回:第1回で作製した般若の面と扇を使い、能の所作を体験します。実際の能面との違いについてもお話しします。能楽の歴史や能面の種類、素材について学び、日本の伝統文化がどのように自然とつながり、継承されてきたのかを考えます。

みなさんが作ったお面や扇は、港区立伝統文化交流館にて3月9日(土)・10日(日)開催の伝統文化フェスティバルで展示します。

日時第1回 2024年2月23日(金・祝)14:00~16:00
第2回 2024年2月24日(土)14:30~16:00(受付は各15分前~)
会場※第1回と第2回で開催場所が異なります。
第1回 港区立エコプラザ
第2回 港区立伝統文化交流館
対象港区在住・在学の小学生(小学2年生以下は保護者同伴)
港区在住・在学を中心とした小学生(小学2年生以下は保護者同伴)※区外の方も参加できます
講師第1回 おりがみ忍者ハッタリくん

【プロフィール】
和紙のふるさと、埼玉県小川町からやってきた!伝統文化の持続可能性からインスピレーションを得て、人類を次の1000年先へつなぐニューヒーロー。2019年11月、ネパールの小学校で開催された文化交流プログラムからその活動をスタート。日本の伝統文化「折り紙」で、面白い忍者ゲームの開発、楽しいオリジナル作品を作っている。
インスタグラムはこちら

第2回 武田 祥照氏(観世流シテ方能楽師)

【プロフィール】
1987年3月19日生まれ。観世流能楽師 武田尚浩の長男。武田家は江戸期より続く能楽の家。1989年 2歳にて初舞台を踏み、以後父の指導のもと、斯道を歩む。現在、一般社団法人能尚会理事。青山学院大学非常勤講師。父・尚浩及び十二世山階彌右衛門に師事し、年間130を超える能公演に出演し研鑽を積む他、年間50あまりのワークショップを行い、能の普及に努める。2020年4月よりYouTubeチャンネルを開設し、オンラインでの発信にも力を入れている。智継(さとつぐ)・應秀(まさひで)二児の父。
定員20名(抽選)
参加費800円
持ち物第1回 筆記用具
第2回 筆記用具、動きやすい服装、靴下(あれば白色)
共催港区立伝統文化交流館


ピックアップ記事