ECOキャンパス講座「風呂敷包み体験~1枚あれば何役も~」を開催しました

イベントレポート

2019年2 月16日(土)
風呂敷文化研究家のつつみ純子氏を講師に迎え、「風呂敷包み体験~1枚あれば何役も~」を開催しました。
風呂敷の歴史と江戸時代の衣食住から見るエコな生活についてや、風呂敷の素材、文様についての解説がありました。
環境保全に伴うレジ袋の廃止などで、風呂敷のよさが見直されている現状の説明と、水を弾く素材の“超撥水フロシキブル”を使い、袋状に四隅を結ぶと水を運べる実演がありました。
体験では、基本的な結び方から、応用編まで、さまざまな包み方を学びました。
風呂敷は、結び方を変えるだけで柔軟に対応出来る、日本人の知恵がつまった究極のエコバックだと実感できる機会になりました。

ECOキャンパスとは

ピックアップ記事